• 屋根ふき材の構造計算
  • テクニカルリポート
  • 講習会・試験のお知らせ
  • 金属屋根工事技士
  • 工事管理報告書
  • 出版物
  • 統 計

  • 施工写真集
  • 用語集

用語集

金属屋根工事や板金工事では独特な用語が使われており、普段の生活では馴染みがなく意味が分かりにくいものが多くあります。そこでいくつかの用語について、解説を掲載します。
解説は、旧亜鉛鉄板会が発行しておりました『亜鉛鉄板』誌のVol.44 №5及びVol.45 №5より引用しております。執筆者はナガタニルーフシステムの永谷洋司氏です。記して感謝の意を表します。
なお、掲載にあたり省略等を行った箇所があります。

【ま】

枕座 (マクラザ)

波形鉄板やプラスチック波板を屋根に葺く場合、波の山をフックボルトで締めつけて止めます。このとき、締めつけ方が強すぎると山が低く潰れますし、緩く締めるとボルト孔周囲の水密性が不足して、雨が漏る原因となります。つまり、適当な締めつけ力で締めることが要求されます。しかし、それは非常に難しいことです。
そこで波板の下に、波形に合った硬い座金を置いてボルトを締めると上のような問題が起こらなくなります。この波形の座金を枕座といいます。またサドルともいいます。
枕座は、母屋と波板の間にただ差し込んだだけでは、後日脱落するおそれがありますから、ボルトを貫通させ脱落を防ぎます。枕座を用いると、ボルトの緩みも防止できます。

枡 (ます)

竪樋の頂部に取り付けられた方形か長方形の箱状の部材を「枡」といいます。また「桝」の字を当てることもあります。使用する位置関係から見ると、軒樋と竪樋の接点で、雨水の流れが変わる箇所で一種のバッファーの機能と、樋内部の掃除を容易にする機能もあります。
また、呼樋と竪樋の接点部に設けて、雨水の流れ方向と水量を調整する枡があります。特に2本の呼樋が集まる場合の枡のことを「寄枡」といい、なくてはならない枡です。なお、装飾的に作られたものを「飾り枡」といいます。

松皮菱 (まつかわびし)

組棟に装飾の目的で用いる役瓦の一種です。
元もと松皮菱は我国古来の文様の一種で、組み上がった形は図のように、菱型模様となります。

マンサード屋根 (マンサードやね)

図のように、寄せ棟屋根や方形屋恨の各屋根面を途中で下方に折り曲げた形の屋根をマンサード屋根もしくは単にマンサードといいます。
この屋根は、上の面の勾配は緩やかで、下面は急勾配とします。それは天井裏の空間を大きくして部屋として利用するためです。
牧場の家畜舎の大半は1階が家畜を飼うスペースとし、2階は飼料の保存などに当てられています。

箕甲 (みのこ)

社寺建築や数奇屋建築の屋根に見られるけらば部分の特殊な納め方となっている部分を箕甲といいます。または簑甲とも書きます。
箕甲は図1のように、屋根面と破風板に高低差が生ずる部分を指している。ところが屋根地と破風板上端の垂れ(通常このような曲線は、棟と軒先に糸を張り、その糸を下方に垂れ下げて曲線の各位置を出す)寸法は流れ中央部で大きく、軒先と棟部でもっとも小さくなります。
箕甲の曲線は独特な美しさを持つもので一文字葺きでも美しく仕上がるし、その他檜皮葺きや?葺きでも綺麗な線が得られます。
一文字葺きで箕甲を葺くと図2のように葺き上がります。箕甲の上部の葺き板は、鬼の中心を芯として円弧状にはぜを仕上るのが正しい。

目違い (めちがい)

目違いとは、例えば同一面に取り付けられる予定の板が何かの理由によって段違いになった場合のことを「目違い」といいます。
また屋根工事の場合、心木なし瓦棒葺きの下地に木毛セメント板の継手の線が不揃いになるようなときに目違いと称しています。
屋根には直接関連はありませんが木造建築の仕口の一種に「目違い入れ」がありますが、これは接合面に突起をつけたものです。

文様 (もんよう)

屋根工事やその他の板金工事、例えば戸袋の扉やカウンターの腰壁などの壁張りに用いられるパターンは、近世日本の文様や外来の文様から得たものがあります。図にいくつかのパターンを示します。(1)~(3)は装飾的な壁面に用いられますが、(2)は一文字葺きの隅谷にも利用されています。
(5)は天然スレート葺きに見られる文様で、金属板では利用されていません。(6)の菱は、菱葺きとして鉄板でも利用される文様ですが、菱葺きの場合は、図のようにはぜ組の関係で線が少しずつずれてきます。