環境配慮型屋根

金属屋根を知る

環境配慮型屋根

屋根と外壁のかたち

折板ぶき

波板ぶき

立はぜぶき

瓦棒ぶき

ステンレスシート防水

フラットルーフ

金属瓦ぶき

横ぶき

平ぶき

カバー工法

屋根と外壁の素材

新しい素材

設計/維持管理

波板ぶき

波板ぶきに用いる波板は、生子板とも呼ばれ、明治初期から輸入されて屋根にふかれています。亜鉛鉄板が屋根に最初に使われたのは、波板でした。過去の波板のふき方は、スクリュー釘留め(木下地)、かんざし釘やいなずま金物(鉄骨造)留めとし、釘部分からの漏水を防ぐため、円錐形のキャップをはんだ付けすることもありました。その後波形スレートと同様にフックボルトを使用することが一般化し、現在ではドリルねじの使用も多くなっています。

波板ぶき

大波横張り

大波横張り