HOME

折板屋根にできること

鋼板製(断熱亜鉛鉄板)折板屋根の諸性能

3-防露性(結露防止)

鋼板製折板屋根は軽量で高強度ですが、建材の中では比較的熱を伝えやすい素材であり、薄いため外気温の変化に対して敏感な製品となっています。
この欠点を鋼板裏面に裏張り材を設置することにより改善しました。 一般的には、断熱性能(U値)が低く(性能が良)なれば結露は起こりにくくなります。
同じ裏張り材であれば、厚い方が高性能になります。 裏張り材の断熱性能値で不足の場合は、二重折板での検討が必要になります。

なお、断熱材の選択には、次の点にご注意ください。 室内用途が常に高温多湿となるような場合は、屋根裏面の裏張り材に結露が発生することが懸念されます。その場合、繊維質であるガラス繊維シートは結露水を保水してしまう性質があるため、比較的保水率の低い無機質高充填フォームの選択をお勧めします。

結露、断熱性能値の計算は諸条件の入力が必要になります。当協会では、会員企業の皆様に計算ソフト「屋根を調べる」を提供しています。 個別案件での検討依頼に関しては、〔断熱亜鉛鉄板委員会 会員企業〕に記載のお近くの会員までお問い合わせください。

防露性(結露防止)

pagetop