HOME

折板屋根にできること

鋼板製(断熱亜鉛鉄板)折板屋根の諸性能

1-断熱性能

熱貫流率(U値)は、 熱の伝わりやすさを表した値です。
熱の伝わりやすさを表す数値として熱伝導率がありますが、これは材料自体を評価する数値で、熱貫流率はそれに加えて、その材料の厚さも考慮して評価する数値です。
したがって、熱貫流率は熱伝導率と材料の厚さから算出します。
数値が小さいほど性能が良いことになります。また、異なる材料が複層になっている場合は総合計して計算します。

U:熱貫流率(W/㎡・℃)
λ:各材料の熱伝導率(W/m・℃)
(設定条件)
夏期外気温度:35℃
室内想定温度:30℃
   (空調はしていない工場・倉庫を想定)
鋼板表面色:シルバー
折板形状:H1750 タイプ
(詳細設定は下記ページを参照)
 二重折板の表面・裏面温度【計算例】

屋根構成 熱貫流率
U(W/㎡・℃)
屋根表面
温度(℃)
熱貫流量
Q(W/㎡)
室内側表面
温度(℃)
室内想定との
温度差(℃)
折板のみ
(裏張り材無)
7.06 48.13 127.96 42.80 12.80
折板+裏張り材 t=4
(裏張材は無機質高充填フォーム)
3.91 48.13 70.87 37.09 7.09
二重折板+GW 断熱材
(グラスウールは10Kg/㎥ t=100)
0.65 48.13 11.78 31.18 1.18

(当協会 計算ソフト「屋根を調べる」にて算出)

上記表での室内側裏面温度の差を見ますと、折板のみでは42℃を超えており、夏期昼間は裏面温度の上昇に伴い室内の換気が行われない場合、室温は大きく上昇することが想定されます。一般的に鋼板製屋根で、屋根材の色がこげ茶やダークグレーなど黒色に近い場合、夏期日中の鋼板表面温度は最大で70℃近くまで到達することが考えられます。 次頁、遮熱性能の効果を測定したサーモグラフィーでの温度測定でも、通常の塗装鋼板のこげ茶で表面温度は50℃を超えています。

上記算出結果を見る限り、裏張り材を張っただけでも約6℃温度上昇を抑制出来ることになります。 更に二重折板では、室内側表面温度は31℃強でほとんど室内の想定温度(30℃)に差はなく、夏期の最低気温が28℃位であると仮定すると、 夏期1日を通して、 換気をしない場合でも大きな室温変化は生じないことになります。
当協会取得の耐火認定(二重折板)の構成では、裏張り材のバリエーションが9種類認められており、建物用途に併せた選択が可能となっています。

pagetop