HOME

折板屋根にできること

鋼板製(断熱亜鉛鉄板)折板屋根の特長

1 軽 量

鋼板製折板屋根は板厚 0.6 ~1.2mmの鋼板を使用しているため非常に軽量です。
単位重量 … 約7.5 ~15.0 Kg/㎡

2 高強度(高剛性)

コイル状の鋼板をロールフォーミングにより所定の山形(波形)形状に成形することで、外力(風圧力、積雪荷重)に対して剛性を維持し、高強度を発揮します。

3 省施工性

ロール成形設備を用いて生産を行うことで、他の屋根材と比較して格段に生産性を向上させています。 また、施工に関しても各折板間の接合は、重ね、はぜ締め、かん合と3種類の方法を確立しており、 施工の省力化が可能な製品となっています。

4 安定した品質

鋼板製折板屋根は1977年に日本工業規格(JIS A 6514)に制定されています。
また、折板屋根はロール成形機により連続生産されていますので、安定した品質を有しています。

5 耐久性・耐候性・耐食性・メンテナンス性

素材は、加工性・耐食性に優れた溶融55%アルミ- 亜鉛合金めっき鋼板(ガルバリウム鋼板)が主流となっています。
また、建物の用途、立地条件、意匠性に合わせて各種の塗装鋼板、被覆鋼板を選定いただけます。

なお、当協会は永く鋼板製屋根・壁を使用していただくために不可欠な維持・ 保全及び改修のノウハウをご提供することを目的として「鋼板製屋根・外壁 の設計・施工・保全の手引き(MSRW2014)」を発行しています。

pagetop