日本金属屋根協会TOP > 断熱亜鉛鉄板委員会 >  断熱性の比較データ

断熱性の比較データ

断熱亜鉛鉄板の断熱性はどの程度なのか、一般に市販されている各種の断熱材や建材と厚さ4mm のポリエチレンフォームに対して、同一の断熱性を得るための厚さを求めると下表のよ引こなります。

種類 木毛セメント板 ガラス 煉 瓦 スレート コンクリート
厚さ(mm) 20 92 95 150 190

断熱亜鉛鉄板の断熱性は、コンクリートの約48倍、スレートの約38倍、煉瓦の約24倍、木毛セメント板の約5倍あることになります。
一般に断熱性の優劣は熱貫流率の大小で表されます。熱貫流率は、材料自体の熱伝導量に内・外表面の熱伝達を考慮して、'内・外温度差が1℃の場合1 時間・単位面積当たりの貫流熱量で示されるもので熱貫流率の小さい材料ほど断熱性能が良好であることを示します。

断熱亜鉛鉄板の熱貫流率(W/m2k)

使用部位 側壁 屋根
断熱材の厚さ なし 4mm 10mm なし 4mm 10mm
断熱材
の種類
ポリエチレンフォーム 6.64 3.60 2.13 7.76 3.90 2.23
難燃化ポリエチレンフォーム 3.60 2.13 3.90 2.23
無機質高充填
フォームプラスチック
3.87 2.38 4.22 2.51
ガラス繊維シート 3.66 2.19 3.96 2.29